The Race

UCIレースツールド熊野とは

ツール・ド・熊野(ツール・ド・くまの、Tour de Kumano)は、世界遺産に登録されている、熊野古道を舞台に、例年5月下旬から6月上旬に4日間で開催される自転車競技、ロードレースのステージレース大会。2008年の開催より、UCIアジアツアー2.2に指定され、2018年第20回大会が行われた。

1999年、『3DAY ROAD 熊野』実行委員会(2007年より特定非営利活動法人 SPORTS PRODUCE 熊野に名称変更)の運営により開催。2008年の開催では、第1ステージは、熊野川の支流である赤木川、第2ステージは、熊野山道、最終ステージは、太地をそれぞれ舞台に行われた。2009年より、初日に個人タイムトライアルが組まれる(2日目以降は2008年の1-3ステージと同様の日程が組まれている)ため、4日間開催となる。

開催年 優勝者 国籍 第2位 第3位
2008年 清水都貴 日本 廣瀬敏 新城幸也
2009年 ヴァレンティン・イグリンスキー カザフスタン 鈴木真理 ディミトリ・フォフォノフ(カザフスタン)
2010年 アンドレイ・ミズロフ カザフスタン 宮澤崇史 福島晋一
2011年 フォルトゥナート・バリアーニ イタリア ミゲル・アンヘル・ルビアノ(コロンビア) 西谷泰司
2012年 フォルトゥナート・バリアーニ イタリア ジュリアン・アレドンド(コロンビア) トマ・ルバ(仏)
2013年 ジュリアン・アレドンド コロンビア フォルチュナート・バリアニ(伊) ナザン・アール(豪)
2014年 フランシスコ・マンセボ スペイン ホセ・ビセンテ・トリビオ(西) キャメロン・バイイ(豪)
2015年 ベンジャミン・プラデス スペイン イリヤ・ゴロニチェフ(露) ダミアン・モニエ(仏)
2016年 オスカル・プジョル スペイン ベンジャミン・プラデス(西) トマ・ルバ(仏)
2017年 ホセ・ビセンテ・トリビオ スペイン オスカル・プジョル(西) マルコス・ガルシア(西)
2018年 マーク・デマール オランダ ベンジャミン・ディバール(豪) ベンジャミン・プラデス(西)

自転車競技とは

自転車競技を指す英語のcycling(仏語cyclisme)は、競技およびレクリエーション(サイクルツーリング)を包括する概念であるのに対して、本邦の「自転車競技」は、競技のみを指す本邦独自の狭義の概念。

自転車競技の置ける「自転車」

「自転車は,同径の2つの車輪を持つ乗り物である。前輪は操舵可能で,後輪はペダルとチェーンか らなる装置を介して駆動される」と定義される(UCI国際自転車連合規則1.3.006)。従って、三輪車や一輪車、リアカーのように車輪が前後に配置されていない乗り物は、自転車競技における自転車ではない。

競技の特色

主に競走による着順や所要時間、得失点などで順位、勝敗を決する。

種目は長距離から極短距離、走力が問われるものから高い技能が要求されるもの、球技など多様であるが、全て競技開始から終了まで人と自転車が一組として進行消化するのが共通する原則であり、これは例えば競走種目のフィニッシュ直前で自転車が乗車走行不能となった場合、これを放棄して選手だけが単独でフィニッシュ線を通過しても無効である事を意味する。また、競技内容の一部に自転車が要素として含まれているだけのスポーツ(例:トライアスロン)は自転車競技として扱われていない。

自転車が発明されかつ比較的早くから道路整備が進んだヨーロッパとその移民先である南北アメリカを中心に発展してきた。それらの地域での関心は高く競技人口も多いが、総じて先進国にほぼ限定されたスポーツである。とりわけ有名なレースは、莫大なキャッシュフローを産み出す(例:ツールドフランスのフランス国内の放映権料は30百万ユーロ=39億円)。

近代オリンピック第一回大会からの正式実施競技で、世界選手権及び年間シリーズ戦が各種目個別に毎年行われている。プロフェッショナル化も早くから進んでおり、これらは国際自転車競技連合(UCI)により統括、整備されている。オリンピックでは、自転車競技ロードレースは、花形種目であり、開会式直後の土日(土曜女子、日曜男子の例が多い)に開催されることが多い。

日本では、国民体育大会の第一回大会からの正式種目。なお、競輪は、選手を対象とした公認ギャンブルで戦後に日本独特の成長をしてきた競技種目であるが、競技形態としての面白さから現在ではオリンピック、世界選手権にも取り入れられている。

世界の自転車競技ロードレースの規則について

  • 1.オリンピック、世界選手権のロードレースの選手枠数は、国別のUCIポイントの多寡で決定される。
  • 2.オリンピックのロードレースで活躍する選手はツールドフランスで活躍している選手
  • 3.日本国内で行われるUCIポイントを付与される対象のレースは、8レース
レース名 ツアー名 開催
ツアーオブジャパン UCI ME アジアツアー2.2 3月下旬、3日間のステージレース
ツール・ド・栃木 UCI ME アジアツアー2.1 5月第3週、8日間のステージレース
ツール・ド・熊野 UCI ME アジアツアー2.2 6月初、4日間のステージレース
全日本選手権 エリートクラス、U23 個人タイムトライアル、ロードレースとも、6月に実施
ツール・ド・北海道 UCI ME アジアツアー2.2 9月第二週末、3日間のステージレース
大分アーバンクラシック UCI ME アジアツアー1.2 8月、ワンデイレース
ジャパンカップ UCI ME アジアツアー1.HC 10月、ワンデイレース
ツール・ド・おきなわ UCI ME アジアツアー1.2 11月、ワンデイレース

UCIアジアツアーは、2018年は、全34レース(うち、日本では7レース)UCIでは、成年男子(エリートクラス)は、アジアツアーのほかに、ワールドツアー、ヨーロッパツアー、アメリカツアー、アフリカツアーが行われている。なお、ツールドフランスは、ワールドツアーに帰属している。

国体の自転車競技ロードレースでは、UCIポイントは付与されない(理由:レース形式がUCIの定める規則に則っていないので、UCIカレンダーに登録できないから)。但し、オリンピック選手選考の際の参考にはなると思われる。

オリンピックにおける自転車競技種目(UCI規則11.1.004)

オリンピック競技は、以下の通り

種目 男子 女子
ロード ワンデイレース ワンデイレース
個人タイムトライアルレース 個人タイムトライアルレース
トラック チームスプリント チームスプリント
スプリント スプリント
ケイリン ケイリン
チームパシュート チームパシュート
オムニアム オムニアム
マウンテンバイク クロスカントリー クロスカントリー
BMX レース レース

(参考)UCIの2018年世界選手権ロードレース(選考方法)


  • ・2018年の世界選手権エリート男子個人ロードレースは、2018年10月14日オーストリア インスブルック市にて実施済。日本からは、1名、中根英登(愛知県、NIPPO Vini Fantini所属)が出場した。
  • ・2020年東京オリンピック男子個人ロードレースも概ねこれに準じた選考になるものと考えられるが、まだUCIから規則が発行されていない。
  • ・世界選手権およびオリンピックの男子ロードレースの最大参加人数200名(UCI規則2.2.002)
  • ・世界選手権男子エリートにおける選手枠は、次の1~6の順番で適用されるシステムが用いられる。
  • 1.2019年8月11日付UCI国別世界ランキングに基づく選手枠選考 (合計200名が出走)
     A. 国別ランキング1位~10位は各国8名の傘下が認められる(計80名)
     B. 11位~20位:各国6名 (計60名)
     C. 21位~30位:各国4名(計40名)
     D. 31位~50位:各国1名 (計20名)
  • 2.2019年8月11日付UCI選手別個人ランキングでトップ200に入っている選手が所属する国は、1の適用がなされていない場合は、1名の選手枠が認められる。
  • 3.8名の選手を割り当てられている国においてその8名が既に選出されていない場合に限って、オリンピックチャンピオンおよび各大陸選手権のチャンピオンは、その所属する国による割当を受けて出場することができる。但し、チャンピオンによって得た枠を他の選手に流用することはできない。
  • 4.世界チャンピオンは、その所属する国による割当を受けて出場することができる。但し、チャンピオンによって得た枠を他の選手に流用することはできない。
  • 5.主催国枠:世界選手権主催国は、1~4で最小6名の選手枠を得ていない場合、6名の選手枠が得られる。
  • 6.C割当選手枠の確認:選手枠を与えられた各国は、2019年8月26日より前にe-メール(route@uci.ch)で枠のすべてまたは部分を使用するかどうか確認をしなければならない。確認できないすべての割当選手枠は、使用されない選手枠となる。

以上