SHIMANO Racing Team

SHIMANO Racing Team

シマノレーシング

1973年のチーム立ち上げ以来、45年の歴史を数える伝統のチーム。過去、多くの日本チャンピオンやオリンピック代表選手を輩出してきた。時代と共に活動を変化させてきたが、より高い場所を目指す姿勢が変わることは無い。近年は『世界トップレベルで活躍する選手育成』という目的を掲げ活動を継続し、東京五輪も視野に活動する。「ツール・ド・熊野」においては入部正太朗が2017年には第1ステージを、2018年には第2ステージを制覇しそれぞれリーダージャージを獲得しているが総合優勝には手が届いていない。今年はチーム総力をあげ総合優勝を目指す。

The team boasts a 45-year history. Since the establishment of the team in 1973, we have produced many Japanese champions and Olympics athletes. Our goal to aim the higher level is always the same and we put focus on fostering young talent considering Tokyo Olympics. In Tour de Kumano, Shotaro Iribe got the leader joursey by winning the first stage in 2017, and the second stage in 2018, but hasn’t yet achieved the general classification victory. The goal for this year is to win the general classification.